人気ブログランキング |

このブログを始めた2004年。当時は30代後半、14年経った2018年は53歳。アクティブ・バブル・シニアとなり、ライフシフトした生き方が、私の生き方、働き方にもなりました。これからどう生きていくのか?そして同世代の人達と何をしていくのか、次世代の担い手達に何を伝えていくのか、これが今の使命だと感じています。令和元年から「未来リノベーション」を始動しました。


by shin19650430
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
来年(2019年)は、元号が変わり、消費税増税を迎える。
アクティブ・バブル・シニア世代にとっては、経験済み。
 
僕が社会人になって1年目が終わろうとしている時に、
平成に元号が変わり、消費税3%が導入された。
 
この時、業務用のパソコンシステムとガソリンスタンド用POSシステムの担当をしていた。
社会人成り立ての僕だけで無く、会社で働く先輩や上司も初めての対応であった。
今、思い返しても大変だった。
元号の変更と消費税の対応をするため、プログラムの変更をしなければならない。
今のようにクラウドが発達していたり、ネット環境があれば、ネットを利用してのプログラム変更もできる。
当時は、フロッピーでのプログラム変更。または、機種変更。
この年は、毎日残業状態。業界的には、どの会社もブラック企業となっていた。
 
プログラムの変更だけでなく、事前に、消費税対応の説明会やプログラム変更後のフォローもあるので、
本当に大変だった。
 
さて2019年は、元号変更と消費税増税の対応。
果たして、無事完了するのだろうか、、、、
経験社として、少し心配です。
  
a0002567_11182857.jpg
 
(写真は、平成元年ではありませんが、説明会の様子)
 
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ブログ著者 中村伸一への講演・取材依頼はこちらから
 
 
50代経営・ビジネス





by shin19650430 | 2018-12-11 12:05 | アクティブ・バブル・シニア
「営業って、どんな仕事?」が10話、終わりました。
 
私が営業セミナーの講師をする際、最初にスライドに出すのが
これです。
 
a0002567_19090121.jpg
です。
 
まずは、基本を身につける。(守)
そして、他業界の営業手法を取り入れる。(破)
そして、オリジナルな営業手法になる。(離)
 
これまでの10話は、僕が営業を始めてからの(守)
の部分です。
まだまだ、悩みながら(守)は続きます。
 
10話のエッセンスは、
1.自分自身が基本を身につけるには、素直に真似ぶ事が大事です。
2.営業先は誰なのか?生活者なのか?企業なのか?
3.代金を回収して一人前
4.販売店や協力会社の経営者、社員とは仲良くする。
これが将来の人脈になる。
5.営業は発想力を鍛えていく。
6.営業は日々、勉強すること
7.営業は実践し場数を踏むこと
  
これが営業の基本です。
 
50歳からの起業においても、営業経験者は一度、見直して形式化することが大事です。
そして、営業経験が乏しい方は、実践的な営業研修に参加する。
営業経験のある方を真似ぶ。
 
これで行きましょう!!

50代 経営・ビジネス




 
         


by shin19650430 | 2018-05-01 16:00 | 営業って、どんな仕事?

買い替えの時以外に、何を目的に行けばいいのか、

大きな金額でもない商品の受注の為に、何度も行く意味が、
他に何ができるのか、、、答えを見つけられずにいる。

それでも営業の仕事は通常通り続くのだ。

販売会社の仕事はBtoB。いわゆる企業間取引だ。
これが販売会社の基本スタイルだ。

 

ルート営業の時は、右側のBが販売店や特約店になり、直販営業の時はエンドユーザーになる。
売上先が企業ということになる。

 

「営業の仕事は、売るだけではない。代金を回収して終わる。これができないと一人前の営業ではない。」

と、入社した時の営業研修では、必ず指導を受ける。

売ることにも悩まされるが、代金回収でも苦労する。

 

売るのに苦しんだ月末が終わり、月初に経理から、

「中村、、、、ちょっと?」

と、声がかかると、

「あ~~~」

と、気持ちはブルーになる。未回収が発生しているからだ。


回収には、銀行口座に振り込んでもらう。または、直接、集金に行く。が通常。
当時は、振込よりも集金に行く方が多かった。
大きな金額になって、集金に行くのは、ちょっと怖い。

 

しかし、この回収作業はホントに大変だ。

経理から回収リストが回ってきて、得意先に確認にする。

大半のお得意様は、支払いが普通に進むが、回収できないケースもある。

原因は、振込みを忘れていた。ちょっとしたトラブルで支払わないケース。

そして支払えないケースがある。 

 

振込み忘れの場合は、即、支払っていただける。

ちょっとしたトラブルで支払わないケースは、ちょっと大変だ。

まずは、トラブルを解決しなければいけない。
そして、支払えないケースは、資金繰りに困っている取引先だ。

 

この2つのケースでは、僕一人ではなかなか解決できない。

経理部門や上司に相談しながら解決していくのだ。

回収のトラブルは、売上が上がらない時よりも当然深刻で、毎日経理からチェックされる。
ほんと、胃が痛くなるのだ。

 

直販営業の場合は、大半はリース契約にする。買い手にもメリットがあるし、

売り手にとっては、回収に行かないで済むという大きなメリットがある。

ただ、たまにリース契約が結べない企業もあったりする。業績不振でリース会社の承諾がおりない。
起業間もない会社も承諾がおりにくい。信用がないからだ。

 

そこで、直販の案件が発生した時は、事前にリース会社に連絡してリース契約ができるか事前調査をしてもらう。

営業は、売るだけではない、回収することも大事な仕事になる。
売れば売るほど、回収まで頭をまわさなければならない。

 

a0002567_13014550.png

営業は、気が休まる日がない。

やっぱり営業ってイヤだ。大嫌いだ~~

 

50代 経営・ビジネス



by shin19650430 | 2018-04-25 18:02 | 営業って、どんな仕事?