人気ブログランキング |

このブログを始めた2004年。当時は30代後半、14年経った2018年は53歳。アクティブ・バブル・シニアとなり、ライフシフトした生き方が、私の生き方、働き方にもなりました。これからどう生きていくのか?そして同世代の人達と何をしていくのか、次世代の担い手達に何を伝えていくのか、これが今の使命だと感じています。令和元年から「未来リノベーション」を始動しました。


by shin19650430

タグ:オープンイノベーション ( 12 ) タグの人気記事

4月9日に、始動した「未来リノベーション」。
広報PRに力を入れるなか、「未来リノベーション」を応援してくださるサポーターも続々と増えています。
 
a0002567_11253877.jpg
 
未来リノベーションのビジョンに賛同いただいた企業であったり、
応援したいというフリーランス(個人)であったりと、とても心強いです。
 
a0002567_11254503.jpg
   
 
a0002567_11361251.jpg

 
 
a0002567_11441267.jpg


a0002567_11460449.jpg
   
a0002567_11465164.jpg
  
未来リノベーションのサポーターは、個人で言えば老若男女。
会社、事業者で言えば、業種、規模は、関係ありません。
 
未来に向かって新たな行動をしようという会社や人がプレイヤーとなって始動することが大事なのです。
そう言ったプレイヤーを生み出し、育成していく。
そのプレイヤーをサポーターが応援する。
また、サポーターがプレイヤーになっていもいいし、プレイヤーがサポーターとして応援してもいい。
そんな関係を「未来リノベーション」では創造していきたいと考えています。
 
  

a0002567_09351457.png
 

  
「未来リノベーションサポーター」募集中です。
応募は、こちらでお願いします。http://www.yamasoken.com/contact/index.html

 

::::このブログへの読者登録をどうぞよろしくお願いします::::
 

「未来リノベーション」始動!! ところで、未来リノベーションって何? https://shin1.exblog.jp/239220767/

「未来リノベーション」始動!! アクティブ・バブル・シニア世代として未来に向かって!! https://shin1.exblog.jp/239209737/

「未来リノベーション」始動!未来の子供達へ!!https://shin1.exblog.jp/239209937/

「未来リノベーション」!! アクティブ・バブル・シニア世代としての不易流行!! https://shin1.exblog.jp/239209886/

「未来リノベーション」を全国へ!! アクティブ・バブル・シニア世代として行動します。https://shin1.exblog.jp/239212623/

「未来リノベーション」始動!! 会社設立15年目で初めてCMを流しました。 https://shin1.exblog.jp/239221731/

「未来リノベーション」の構想は、根拠の無い自信から始まる。アクティブ・バブル・シニアの野望!! https://shin1.exblog.jp/239223049/

「未来リノベーション」は、応援してくださるサポーターを募集しています。https://shin1.exblog.jp/239226395/


 
50代経営・ビジネス




 




by shin19650430 | 2019-04-26 07:17 | 未来リノベーション
4月1日に、やまぐち総合研究所有限会社を設立して15年目に入りました。
 
元号も平成から令和に、、、節目の年。
 
今までとは違うことを始めたいと考えて、昨年から準備してきたのが、
「未来リノベーション」

未来リノベーションについては、これまでも投稿してきたので最後にリンク先を掲載します。
 
自分としては「未来リノベーション」は、未来というか将来に向けて取り組む本気に会社を賭けた新事業であるので、
今までのような情報発信では、本気度も伝わらないだろうと考えました。
そこで、テレビCMかラジオCMを密かに考えました。
創業して14年で、セミナーの単発広告をフリーペーパーに出すことはありましたが、テレビCMはまだでした。
 
ある時、「レノファ山口」の応援番組「レノファスクエア」の番組CMの話しをいただきました。
当然予算も必要になることから、制作・放映費用をお聴きしたところ、先行投資としては可能な金額だったので、
「未来リノベーション」のキャッチフレーズ 「未来に向かって」のごとく投資に踏み切りました。
 
経営戦略セオリーからすれば、一人コンサルティング企業がするべきことではないかもしれませんが、
ニッチな分野を進めていくには、投資は必要です。


a0002567_17075423.jpg
 
15秒のCMで、何をどのように伝えるのか?
ロケをした動画がいいのか、プレゼン風の写真動画がいいのか?
自分自身がCMに出た方がいいのか?
15秒という枠の中で、有効にプロモーション手段を考えるのは、結構大変でした。
構成が出来ても、MCの声のイメージは?
そして、BGMは?
 
ワクワクするけど悩みました。
考え出すと寝れなくなったり、途中で目が覚めたりと、、、
 
CMを作成してくださった、SQUAREの吉永達哉さんには、感謝しかありません。
 
「未来リノベーション」のCMは、とても気に入っています。
 
これから「未来リノベーション」のCMを至る所で使っていきます。
 
a0002567_17534641.jpg


::::このブログへの読者登録をどうぞよろしくお願いします::::
 
【未来リノベーション関連記事】

「未来リノベーション」始動!! ところで、未来リノベーションって何? https://shin1.exblog.jp/239220767/

「未来リノベーション」始動!! アクティブ・バブル・シニア世代として未来に向かって!! https://shin1.exblog.jp/239209737/

「未来リノベーション」始動!未来の子供達へ!!https://shin1.exblog.jp/239209937/

「未来リノベーション」!! アクティブ・バブル・シニア世代としての不易流行!! https://shin1.exblog.jp/239209886/

「未来リノベーション」を全国へ!! アクティブ・バブル・シニア世代として行動します。https://shin1.exblog.jp/239212623/



50代経営・ビジネス


 
 
 




 
 




by shin19650430 | 2019-04-18 07:07 | 未来リノベーション

未来リノベーションについて、私の思いを書いてきましたが、そもそも「未来リノベーションって何?」と、言われそうなので、

未来リノベーションについて語ります。ちょっと長いです。

 

 

a0002567_10213553.jpg

 


名称          「未来リノベーション」

         ~未来へ向かってリノベーションを起こそう~

【コンセプト】

 「未来」に向かって、「未来」を目指して、リノベーションを起こす。

【コンセプト設定の背景】

 事業者同士のコラボレーションを創出する活動を行う中で、全国各地でコラボレーションの成果を生み出してきました。このノウハウをワクワクコラボレーション®プログラムとしています。コラボレーションはイノベーションの源泉であることから、地方の事業者からのイノベーションを創発する支援活動も行いました。しかしながら「イノベーション」をテーマにした成果は乏しいものでした。

 

 何より、地域を支える中小企業がイノベーションの取り組みをするのは希な状況で、参加がありませんでした。中小企業が新たな事業を生み出していくには、どのような活動がいいのかを模索する中、住宅会社や地方集落が取り組む「リノベーション」に着目しました。元々持っている事業リソースや地域リソースを掛け合わせ、組み合わせ、時には分離することによって生まれる事業創造。これが中小企業や住民も巻き込んで取り組めることだと確信しました。そして、多数のベンチャー経営者のご協力の元、ヒアリングから「リノベーション活動からイノベーションが起きるよ」とのご意見もいただきました。これにより「リノベーション」をコアコンセプトに置きました。

 

そして、「未来」

 

 リノベーションは、地域や建物、商品、サービス、組織(会社や自治体)が対象になるだけでなく、マーケティングや事業構築などの考え方や、「人」も対象になると想定しました。人生100年に向けた生き方を考えないといけない中で、子供達が未来に向けて夢や志のある道を歩んでもらいたいと考えました。

 また、未来に向けて、世代間の交流も重要であり、世代間の交流の中からリノベーションが加速し、地域や社会、経済の環境も大きく変化をもたらすと考えています。

リノベーションは未来に向けて進めることと定義した際に「未来」が大きなキーワードとなりました。そこで、「未来」に向かって、「未来」を目指して、リノベーションをする、「未来リノベーション」をコンセプトにしました。

 

【未来リノベーションのビジョン】

 コンセプトにある、『「未来」に向かって、「未来」を目指して、リノベーションを起こす。』を実現させる為のコアな事業として、「未来リノベーション」のプラットフォームの構築をしていきます。

 未来リノベーションは、人が創っていくものであり、人的リソースが蓄積されたプラットフォームにしていきたいと考えています。そこで、法人、個人、専門家など、様々な立場の方にも参画していただきたいので、参画しやすいように区分を設けました。

 

 未来リノベーションの組織(法人)化は、未来に向けて準備していきますが、急がずに進めて行きます。理由は、組織(法人)化に時間や労力を掛けるより、まずは実践、行動する事を最優先として、活動の中で、適した組織(法人)を選択して構築していきたいと考えています。そのため、未来リノベーションの拠点は、やまぐち総合研究所有限会社内に置き、未来リノベーションラボとして運営していきます。


a0002567_18145175.jpg

【事業活動】

 ワクワクコラボレーション®のワークショップを西日本を中心に開催して、参加者が累計4000人を越えています。ここから未来に向けてのリノベーションが起こり、事業の創造や連携が起きました。この事業資産を元にして、未来リノベーションの事業活動を精力的に行っていきます。

 

・未来リノベーションの情報発信&プラットフォーム化

・未来リノベーションを啓発することによる全国ブランド化

 ※特にミレニアル世代を対象にした人材育成

 ※アクティブ・バブル・シニア世代に向けた事業承継への啓発とメンタリング

・未来リノベーションプログラムによるワークショップの実施

・ワークショップのファシリテーター育成→「未来リノベーター」の誕生

 


【所在地】

  未来リノベーションラボを「やまぐち総合研究所有限会社」内に設置。

                 山口市熊野町110 NPYビル 2F

【執行者】

                  やまぐち総合研究所有限会社

                  取締役兼事業デザイナー 中村伸一



 

現在(2019年4月)このように進んでいます。



経営・ビジネス50代



by shin19650430 | 2019-04-17 08:02 | 未来リノベーション
地方創生プロデューサーとなり、4つのイベントをプロデュースして運営しました。
 
a0002567_10335608.jpg

 
この4つのイベントは、弊社が専門としてコーホート分析に基づき、将来に渡って、ライフシフトした働き方や新事業の創造を活発する事を念頭に入れて企画しました。
 
海外進出、IoT活用、女性起業家によるビジネスコミュニティの創造、先駆的な事業経営を目指す。
 
この4つの分野で信頼できる事業者を選定して山口市で開催しました。
ここでの大きなポイントは、広域な連携と交流。そして、学び合う環境を作ること。それには山口県隣県の都市で活躍している事業者をお呼びして、関係づくりをすることでした。
 
既に4つのイベントに参加した事業者が独自にビジネスの関係づくりを始めています。
 
行動する事業者が増えれば、間違いなく地域は活性化します。ここで大事なのは、自社(自分)が持つ事業リソースを活かすことです。
 
自社の事業リソースと他社の事業リソースを組み合わせるだけでも、イノベーションは起こせます。
 
やまぐち総合研究所が持つ事業リソースは、地域をより活性化させていきます。
 
 

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

ブログ著者 中村伸一への講演・取材依頼はこちらから

 
 
経営・ビジネス


by shin19650430 | 2018-12-14 16:00 | 新事業を創造していく!!
11月24日に、One JAPAN代表の濱松誠さんが福岡に来るというので、
One JAPAN in九州が開催されているパナソニックラボラトリー福岡に行ってきました。
 
a0002567_19595522.jpg
 
 
 
One JAPANは、大手企業の若手社員、そうミレニアル世代で構成されたオープンイノベーションを展開する団体です。
One JAPAN in九州は、九州の大手企業のミレニアル世代が集まりました。
 
a0002567_19595663.jpg
 
 
その中に混じって、アクティブ・バブル・シニアである私が混ざってのワークショップ。
 
a0002567_19595609.jpg
 

濱松誠さんの講演では、会社を辞めるか、会社に染まるか、会社を変えるか
この3つにインパクトがありました。
私は、今のミレニアル世代と同じ年齢時、辞めるを選択しました。
会社に染まっている時もありましたが、会社を変えようとは思わなかった。
自分を変えたいとは思い、結果、会社を辞めました。
当時を考えると、会社を変えようと挑むミレニアル世代の有志は凄いと思います。
 
 
a0002567_19595443.jpg

  
 
a0002567_19595684.jpg
 
今回、私が参加したのは、ミレニアル世代とアクティブ・バブル・シニアとの関係づくりがどのように出来るかを探るため。
ワークショップのテーマが、「楽しく仕事をするには」だったので、ワークショップを通してミレニアル世代の考えている事
悩んでいる事に触れることができて、参加して良かったと思います。
アクティブ・バブル・シニア世代は、ミレニアル世代とこのような形でコミュニケーションを取ることをお薦めします。
 
a0002567_18320831.jpg
 
それがなかなかできないのであれば、せめてOne JAPANの事が書かれている、「仕事をもっと楽しくできる」を読まれるといいでしょう。
 

 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ブログ著者 中村伸一への講演・取材依頼はこちらから
 
 
50代経営・ビジネス




by shin19650430 | 2018-11-28 20:44 | アクティブ・バブル・シニア

a0002567_20122482.jpg
 

「ななしまち」を存知でしょうか?
山口県央連携都市圏域(山口市・宇部市・萩市・防府市・美祢市・山陽小野田市・島根県津和野町)での事業がこれから活発に始まっていきます。
 
2021年には、圏域周遊型の博覧会が開催される予定です。
 
これからは隣接した地域の事業者の連携が、地域を活性化させると言われているように、各地で広域連携の取り組みが始まっています。
 
「ななしまち」の山口市役所ふるさと産業振興課主催でのビジネスマッチングセミナー「ななしまち共創ワークショップ」です。
 
11月15日 開催です。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ブログ著者 中村伸一への講演・取材依頼はこちらから


by shin19650430 | 2018-11-14 20:19 | 新事業を創造していく!!
今年から創業塾関係の講師を再開するので、
2年前まで創業塾の際に配布していた「起業する為の心得とヒント」を刷新しています。
創業塾の講師をして5年目に作成した時は、10ページ程度でした。毎年、少しづつ追記・修正をして2.20版となっていましたが、今回から3.00版とします。
  
a0002567_11584599.jpg



【防府市創業支援センターでの得た事】
2年間、防府市創業支援センターでインキュベーションマネージャーとして伴走型の創業支援をしてきました。
創業塾と違って、回数ものではありませんので、フォローが大事となる創業支援で創業者視点で学ばせていただいた事が多くありました。この伴走型支援で学んだ事を追記しました。
 
【防府市創業支援センターでチャレンジした事】
支援センターでは、年に20回程度創業者を対象にしたセミナ-を企画して講師をつとめました。ある意味、テストを兼ねて実施したセミナーもあり、創業者のニーズを掴むことができました。創業塾関連での講師を再開するにあたって、このニーズも活用します。
 
【ライフシフトから得た創業方法】
人生100年時代を迎えて、これまでの創業支援も考え直さないといけません。そこで、50代からの起業について
も組み入れました。
 
まだまだ追記・修正していきますが、
米子商工会議所での創業セミナーまでには間に合わせます。

a0002567_09373049.jpg
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ブログ著者 中村伸一への講演・取材依頼はこちらから


50代経営・ビジネス




by shin19650430 | 2018-08-31 11:59 | 50歳からの起業セミナー
スタートアップ、オープンイノベーション、事業承継、M&A、グローバル事業。
これらをビジネスとして支援していくには、ビジネス系メンターが必要となり、
それも各分野のメンターを多く持つ必要がある。
 
僕の人脈の中には、該当できるメンターは多数いるが、ただリソースに過ぎなかった。
そこに、案件が発生したことで、その案件をプロジェクトとして考え、プロジェクトメンバーを構築するにあたって、
Team Nakamuraが誕生した。
この構想は、これまでスタートアップ支援をしている団体や機関に行き、情報収集しデザインしていく中で、
支援チームとした。
 
a0002567_15520306.png

Team Nakamuraが提案したオープンイノベーションプログラムがこれだ。
 
各セッションでTeam Nakamuraのメンターが対応する。
 
リーダーの私は、アイデア出しワークとマーケティングを担当する。
アイデアソンもやるけれども、より早く成果の生まれる既存の事業リソースを組み合わせてアイデアを創造するワークを実施する。
One-JapanやPanasonicアルムナイネットワークそしてWAOJEのネットワークを活用する。

a0002567_19095257.jpg
 

構成・魅せ方・プレゼンテーションレッスンは
日本を代表するプレゼンテーションの講師 中西健太郎氏がつとめる。
メディアトレーナー/ボーカルディレクターをつとめる中西さんは、フジテレビのアナウンサーや有名女優、俳優に指導するだけでなく上場企業のCEOや海外進出を狙う事業家、そして出資の獲得目指しビジネスプランコンテストにスタートアップ起業家にプレゼンテーションの指導を行い、成功に結びつけている。
 
 
a0002567_19343931.jpg
  

ファイナンスは、Panasonicアルムナイネットワークで知り合い、株式会社ブリリアントソリューション CEOの黒田 敦史氏が担当する。
黒田さんは、コンサルタントとして、海外進出や上場企業の支援に多くの実績を持っており、人脈も半端ない。
 
Team Nakamuraは、まずメンターを100名は確保したいと考えています。
そして、案件ゴトに編成して対処するスタイルです。
 
今回、自治体のイノベーション事業でのコンペにおいても5名のメンターでチーム編成してオープンイノベーションプログラムに対応しました。
 
今後もTeam Nakamuraにて、新たな事業創造と事業の提案に取り組んで行きたいと思います。

 

50代経営・ビジネス





by shin19650430 | 2018-06-22 09:42 | オープンイノベーションを起こそう!!
先日、ある自治体のコンペに共同事業体を組んで挑んだ。
残念ながら受注した企業とは大差で負けた。
ここまで点数が開くとは、、、
負けた原因を分析して、次に活かそうと思っている。
 
しかしながら今回は、このコンペに参画した事で、僕が持つ事業資源の凄さの気づいた事が大きい。
ある意味、負けたことは良かったのかも、、、他の事業展開が見えてきたから。
負け惜しみではなく、本当にそう思うのです。
  

a0002567_09134703.jpg

  
今回、共同事業体になったことで、久し振りにチームによるプロジェクトとして活動ができた。
各々の得意分野を活かし、アイデアをデザインして行った。
今回の事業は、僕がこれまで活動してきた事からの20年のノウハウを活かすことができるな内容でした。 
実績も既にありますし、仕組みも出来上がっているので、リノベーションによる事業デザインでした。
 
僕の拠点は、コンペ元の自治体には無いので、情報はいただいたものの参加は考えていなかった。
しかしそのタイミングで、友人からコンペに参加したいので、協力してくれないかと相談があった。
今年度も方々より仕事の依頼をいただいているので、これを受けると他の仕事ができなくなるな~~と、
思いながらも、チャレンジしたい内容だったので、アドバイザーとして参画することを決めた。
しかしながら打ち合わせを重ねる内に、僕の持つ事業資源がかなり活かせる事に気づいて、
いつの間にか、一番本気になっていたかもしれない。
本気になったので行動も活発になった。
 
一番よかったのは、Team Nakamuraの誕生だ。
これはコンペに参画するための運営母体となる共同事業体とは違う。
 
スタートアップやオープンイノベーションに取り組むチームを作ろうと昨年から準備していたチームだ。
しかしながら明確に案件が無かったので、チームに参加してもらいたい方への呼びかけで終わっていた。
それがコンペに参加するという案件が出てきたので、具体的な折衝を行い、Team Nakamuraのメンターに
なったいただいたのだ。これは大きい。
特に僕には無い能力や専門性、人脈を持つ方々にメンターになってもらえたのが嬉しかった。
案件があると、妄想が構想になり実現化した。
 
Team Nakamuraについては、後日ブログに書こうと思っています。
 
そして、Panasonicアルムナイネットワークで知り合った方々と、この案件を通して仕事が生まれそうになっている事も大きい。
 
コンペに負けたことで一つの事業は失ったが、新たな事業を獲得するためのチームやプログラムを持つ事ができた。
それだけでも大きな資産だ。
 
そう考えるとアグレッシブな行動もできる。
50歳を越えて、新たなチャレンジもできる。
そのチャレンジに協力してくれるパートナーもいる。
心強い。
 
さぁ、面白き無き世を面白くしていきますか、、、、
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ブログ著者 中村伸一への講演・取材依頼はこちらから
 

 
50代経営・ビジネス


 




by shin19650430 | 2018-06-14 12:03 | オープンイノベーションを起こそう!!
6月8日の東京出張を振り返って、、、
株式会社パソナの常務執行役員になった幼馴染みに社内を案内してもらいました。
 
上京した際には、2年に1回のペースで株式会社パソナへ訪問して
僕の仕事にも関連する地方創生の事業の説明を受けています。
 
2年前と大きく違うのが東京駅前に移転していたこと。
この最高のメリットを地方創生Loungeとして活用されてます。
 

a0002567_20275007.jpg
 

既に数自治体がここに拠点を設けて活動をしている。
県というよりも、市の方が活動しやすいでしょう。
東京から山口県への移住を促すのなら、県内のどこかの市がここに拠点を構えるといいだろうな。
ここに進出している他の自治体と連携する事ができるのも魅力となる。
単独の活動では、広報PRが弱くなるので他県とも連携して移住を促す。
ここでの共同活動も面白い。リアルな移住バトルをすれば、その地域も競争からもっと面白い移住策が生まれるでしょう。
 

 
a0002567_20274913.jpg
 

もし山口県内の自治体が関心を持たれたのなら、僕がコーディネートする事も可能です。
もちろん山口県の自治体でなくても対応できます。
 
次に案内してもらったのが、「大手町牧場」
牛や豚が飼育されています。東京駅、真ん前のビルの中で、、、、
 

a0002567_20274842.jpg
  

 
a0002567_20291126.jpg
  

a0002567_20242650.jpg
 

 
都会のど真ん中で、動物たちに癒されるとは思わなかった。
視察をしている人も多く、注目度が抜群です。
山口県で考えると、車で1時間ぐらい移動すれば、野外に自然とあるので利用すればいいだけだとは思います。
でも意外と行く切っ掛けもなくて、勿体ないようにも思います。
折角、地方に住んでいるのだから、そのメリットを活かさないともったいないですね、、、、
 
健康経営など、国が薦める事業も率先して実施している事例もありました。
こういう事例からいち早く学べたのが、訪問しての成果でした。 
 
a0002567_20242488.jpg
   

50代経営・ビジネス

 






by shin19650430 | 2018-06-12 20:55 | オープンイノベーションを起こそう!!