このブログを始めた2004年。当時は30代後半、14年経った2018年は53歳。アクティブ・バブル・シニアとなり、ライフシフトした生き方が、私の生き方、働き方にもなりました。これからどう生きていくのか?そして同世代の人達と何をしていくのか、次世代の担い手達に何を伝えていくのか、これが今の使命だと感じています。


by shin19650430
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2018年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ここのところ、社員研修やマーケティング講師、創業講師、オープンイノベーションの仕掛け、新事業のデザイン等々の依頼が続き、受身状態になっていると、
いったい何をやりたかったんだろうと、自問自答している僕がいます。
 
a0002567_11225474.jpg

産業を創りたい。その為には多くの事業が創造され、社会的な分野にならないといけない。自分一人で生み出す事業は、せいぜい年間10本程度。ならばと、事業創造支援を行って事業が生まれる活動をしてきた。僕がやりたかった事の一つがこのエコシステム。
 
事業はAIが創造するのではなくて、人間が創造する。多くの事業を創造していくには、人を育てる必要がある。そこで、人材育成の研修を始めた。アントレプレナーも大事だが、イントラプレナーを育てる事が急務。

事業創造できる人が起業家になってほしい。起業支援の仕事をしていて気づくこと。会社の事業やプロジェクトを任せられたり、主力メンバーとして活動した人は、起業しても事業継続できる人が多い。なので創業者ではなく、事業家を育成している。 
 
まだまだあります、、、、、、
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ブログ著者 中村伸一への講演・取材依頼はこちらから

 
 
50代経営・ビジネス



[PR]
by shin19650430 | 2018-06-30 08:14 | 新事業を創造していく!!
10年前から山口県の中小企業事業者は、東京を目指さずに福岡経由で海外を目指そうと唱えてきた。
県内の経営者に言うと
 
「君は、商売を知らないね?東に昇っていくのが商売なんだよ」 

と、散々言われた。
 
a0002567_16480326.jpg
 
 
この10年を振り返ると、そう言った企業が、散々、首都圏市場で打ちのめされているのを見ている。
正直、東京に攻め込もうと思ったら、相当なお金がいる。
一度の補助金ではカバーできない。
商売って、何度も会える関係がある方がいい。ネットの活用でアシストはできるとしても
肝心な時には、即、取引き先に行ける方が良い。
 
僕も一時期、東京での仕事を考えたけれども、やっぱりお金がかかる。
弱小の一人起業では難しい。
 
山口県を起点に考えると、どのように市場を創っていくといいのか?
 
それは、間違いなく福岡経由で海外(アジア)を目指すことだ。
海外に進出している福岡の経営者と話しをした際に、よく聴くことがある。
 
「世界の中の東京という拠点がある」
「福岡は、アジアの拠点だ。」
なるほど、、、、
 
では、山口県は
「日本の中の山口県」という位置づけになる。
 
折角、隣にアジアの拠点があるのなら
使わない手はない。
そう確信しているので、山口県ー福岡市ーアジアのビジネスモデルを描いている。
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ブログ著者 中村伸一への講演・取材依頼はこちらから

 
50代経営・ビジネス



[PR]
by shin19650430 | 2018-06-29 07:50 | 山口県ー福岡市ー海外(アジア)のビジネス
あつ~い夏の到来とともに、僕も各地に訪問して講師業をします。
まずは、ご依頼頂いた、商工団体、研修エージェント、企業の担当者には感謝申し上げます。
 
7月のセミナーは、マーケティングと社員育成が目的になっています。
 
a0002567_09372163.jpg


岡山市では、個店の魅せ方マーケティングのセミナーです。 
その地域で、その市場で、全国でヒット商品にしていくには、一言でいえば、「魅せ方」です。
この「魅せ方」をマーティングを用いてワークショップを行います。
 
a0002567_13504147.jpg
 
 
東京では、2日間の若手社員(入社2年目~5年目が中心)への社員研修で、
ワークショップを通してチーム力の強化やプレゼンテーションスキルのアップを目指します。
 
山口県では、県内3ヶ所で、「市場・客層・商品」を軸にしたマーケティングセミナーを実施します。
会社の規模は関係なく、今の状態で満足していると先がありません。
今からでも新たな事業展開を実践していくためのマーケティングセミナーになっています。
 
8月以降もセミナー講師を各地で行っていきます。地域の発展は、その地域の事業者が事業を活発にして
いくことです。
そのような事業者に実践力を身につけていただきたいと思います。

Facebookのメッセージにて、依頼や相談をいただくことが多いのですが、ブログからもお問い合わせを
いただけます。
 
講演・セミナー講師のお問い合わせやご依頼は、こちらのフォームからお願い致します。
 
50代経営・ビジネス


 


[PR]
by shin19650430 | 2018-06-28 09:54 | ライフシフトした働き方・生き方
スタートアップ、オープンイノベーション、事業承継、M&A、グローバル事業。
これらをビジネスとして支援していくには、ビジネス系メンターが必要となり、
それも各分野のメンターを多く持つ必要がある。
 
僕の人脈の中には、該当できるメンターは多数いるが、ただリソースに過ぎなかった。
そこに、案件が発生したことで、その案件をプロジェクトとして考え、プロジェクトメンバーを構築するにあたって、
Team Nakamuraが誕生した。
この構想は、これまでスタートアップ支援をしている団体や機関に行き、情報収集しデザインしていく中で、
支援チームとした。
 
a0002567_15520306.png

Team Nakamuraが提案したオープンイノベーションプログラムがこれだ。
 
各セッションでTeam Nakamuraのメンターが対応する。
 
リーダーの私は、アイデア出しワークとマーケティングを担当する。
アイデアソンもやるけれども、より早く成果の生まれる既存の事業リソースを組み合わせてアイデアを創造するワークを実施する。
One-JapanやPanasonicアルムナイネットワークそしてWAOJEのネットワークを活用する。

a0002567_19095257.jpg
 

構成・魅せ方・プレゼンテーションレッスンは
日本を代表するプレゼンテーションの講師 中西健太郎氏がつとめる。
メディアトレーナー/ボーカルディレクターをつとめる中西さんは、フジテレビのアナウンサーや有名女優、俳優に指導するだけでなく上場企業のCEOや海外進出を狙う事業家、そして出資の獲得目指しビジネスプランコンテストにスタートアップ起業家にプレゼンテーションの指導を行い、成功に結びつけている。
 
 
a0002567_19343931.jpg
  

ファイナンスは、Panasonicアルムナイネットワークで知り合い、株式会社ブリリアントソリューション CEOの黒田 敦史氏が担当する。
黒田さんは、コンサルタントとして、海外進出や上場企業の支援に多くの実績を持っており、人脈も半端ない。
 
Team Nakamuraは、まずメンターを100名は確保したいと考えています。
そして、案件ゴトに編成して対処するスタイルです。
 
今回、自治体のイノベーション事業でのコンペにおいても5名のメンターでチーム編成してオープンイノベーションプログラムに対応しました。
 
今後もTeam Nakamuraにて、新たな事業創造と事業の提案に取り組んで行きたいと思います。

 

50代経営・ビジネス





[PR]
by shin19650430 | 2018-06-22 09:42 | オープンイノベーションを起こそう!!
先週の明治安田生命J2リーグ 第19節で、
徳島ヴォルティスに勝利して、首位になりました。
 
a0002567_12312284.png

とにかくレノファの試合が面白いのです。
超攻撃サッカー。
先に点を取られても、いづれ追いつくか、逆転するだろうと
そういう感覚になっている自分が怖い、、
 
とにかくスタジアムで観戦してもDAZNで視聴しても最近はそんな感じです。
 
首位になったタイミングで、ワールドカップも始まりました。
 
予選では活躍した郷土の選手、中学校の後輩になる久保裕也選手が選出されなかったこもあり
ワールドカップには冷めてましたが、大迫選手の活躍を見て歓喜しています。
 
レノファ山口FCを応援するまでは、Panasonicグループで働いていた事もあり
Jリーグ発足の時からガンバ大阪のサポーターでした。
 
西野監督がガンバ大阪の監督だった時に、強いガンバ大阪を見てきました。
 
レノファ山口FCにしても、侍ニッポンにしても、選手の能力もありますが
指揮をとる監督の能力ってやはり凄い。
これは会社の経営も同じでしょう。
サッカーから学ぶことが多いな~~!!
 
50代経営・ビジネス





[PR]
by shin19650430 | 2018-06-21 12:43 | ライフシフトした働き方・生き方
先日、ある自治体のコンペに共同事業体を組んで挑んだ。
残念ながら受注した企業とは大差で負けた。
ここまで点数が開くとは、、、
負けた原因を分析して、次に活かそうと思っている。
 
しかしながら今回は、このコンペに参画した事で、僕が持つ事業資源の凄さの気づいた事が大きい。
ある意味、負けたことは良かったのかも、、、他の事業展開が見えてきたから。
負け惜しみではなく、本当にそう思うのです。
  

a0002567_09134703.jpg

  
今回、共同事業体になったことで、久し振りにチームによるプロジェクトとして活動ができた。
各々の得意分野を活かし、アイデアをデザインして行った。
今回の事業は、僕がこれまで活動してきた事からの20年のノウハウを活かすことができるな内容でした。 
実績も既にありますし、仕組みも出来上がっているので、リノベーションによる事業デザインでした。
 
僕の拠点は、コンペ元の自治体には無いので、情報はいただいたものの参加は考えていなかった。
しかしそのタイミングで、友人からコンペに参加したいので、協力してくれないかと相談があった。
今年度も方々より仕事の依頼をいただいているので、これを受けると他の仕事ができなくなるな~~と、
思いながらも、チャレンジしたい内容だったので、アドバイザーとして参画することを決めた。
しかしながら打ち合わせを重ねる内に、僕の持つ事業資源がかなり活かせる事に気づいて、
いつの間にか、一番本気になっていたかもしれない。
本気になったので行動も活発になった。
 
一番よかったのは、Team Nakamuraの誕生だ。
これはコンペに参画するための運営母体となる共同事業体とは違う。
 
スタートアップやオープンイノベーションに取り組むチームを作ろうと昨年から準備していたチームだ。
しかしながら明確に案件が無かったので、チームに参加してもらいたい方への呼びかけで終わっていた。
それがコンペに参加するという案件が出てきたので、具体的な折衝を行い、Team Nakamuraのメンターに
なったいただいたのだ。これは大きい。
特に僕には無い能力や専門性、人脈を持つ方々にメンターになってもらえたのが嬉しかった。
案件があると、妄想が構想になり実現化した。
 
Team Nakamuraについては、後日ブログに書こうと思っています。
 
そして、Panasonicアルムナイネットワークで知り合った方々と、この案件を通して仕事が生まれそうになっている事も大きい。
 
コンペに負けたことで一つの事業は失ったが、新たな事業を獲得するためのチームやプログラムを持つ事ができた。
それだけでも大きな資産だ。
 
そう考えるとアグレッシブな行動もできる。
50歳を越えて、新たなチャレンジもできる。
そのチャレンジに協力してくれるパートナーもいる。
心強い。
 
さぁ、面白き無き世を面白くしていきますか、、、、
 
 
★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
ブログ著者 中村伸一への講演・取材依頼はこちらから
 

 
50代経営・ビジネス


 




[PR]
by shin19650430 | 2018-06-14 12:03 | オープンイノベーションを起こそう!!
僕が講師業をする中で、一番影響を受けたのが中西健太郎さん。
メディアトレーナー、ボーカルディレクターとして一流アーティストや女優・俳優そして経営者に指導しています。
 
そんな中西さんが、この度、書籍を出版し、その出版記念セミナーがフジテレビ主催にて開催されました。
 
a0002567_19343931.jpg

中西さんのファンとして、そして中西さんのビジネスパートナーとして、出版記念セミナーに参加しました。
進行は、フジテレビの人気アナウンサーの佐々木恭子アナと榎並大二郎アナ。
テレビを通してしか見ることのなかったアナウンサーを生で見れるだけどもワクワクします。
会場には、フジテレビのベテランアナウンサーもチラホラ。
中西さんは、フジテレビのアナウンサーに指導しているのです。
そう、フジテレビのアナウンサーは、中西メソッドを活用しているのです。
 
a0002567_16355546.jpg
 
僕が中西メソッドの指導を受けたのが、5年前だったかな。
年に1回ぐらい、中西さんに会うことがあるので、その時フォローしてもらっています。
 
a0002567_19344053.jpg
  
そして、僕が中西さんプレゼンテーションセミナーのプロデュースすることもあります。
セミナーとして中西メソッドを学ぶのは、今回が3回目でした。
 
これまで学んだ事をお復習いできたのと、新たな気づきもありました。
やっぱり学びは一度だけでなく、何度も学ぶことが大事ですね。
僕の場合は、一流の方とは学び、その後、仕事も一緒にすることがあります。
これが自分の能力を高めるには一番です。
 
今回の大きな気づきは、
緊張との付き合い方でした。 
 
中西メソッドを学んで、僕もセミナーの前に会場に入って会場の雰囲気を確認して馴染むようにしています。
これによって、緊張が心地良いものになります。
 
フジテレビ主催という事もあり、会場にはカメラが入っていました。
僕も取材を受けたのですが、ローカル放送には慣れてますけど、キー局のインタービューは初めての経験。
緊張は無かったものの、意味の無い事を話してまして、当然ボツだろうと思っていましたが、
放送を見ると、取材されたところだけは映ってました。
 
a0002567_16192266.jpg
 
中西さんの書籍 「声のつくり方」は、僕のような講師業の方には、絶対読んでもらいたい書籍です。
 
a0002567_16195922.jpg
 
サインもいただきました。
 
書籍出版が決まって頃から、中西さんやアシスタントの佐藤さんには、情報をいただいて状況を見守ってきたり、
僕ができる範囲で書籍のPRをしてきました。
これからもPRをしていきます。 
 
a0002567_19344059.jpg
 
一番のPRは、僕のセミナーでの中西メソッドの紹介かな、、、、
と、思っています。
  
何度かFacebookでも投稿していますが、今年ブレイクするプレゼン講師が中西健太郎さんだと思っています。
これからの中西さんの活動に注目です。
 
50代経営・ビジネス






[PR]
by shin19650430 | 2018-06-13 16:56 | 一流の人から学び、一流の人と仕事をする。
6月8日の東京出張を振り返って、、、
株式会社パソナの常務執行役員になった幼馴染みに社内を案内してもらいました。
 
上京した際には、2年に1回のペースで株式会社パソナへ訪問して
僕の仕事にも関連する地方創生の事業の説明を受けています。
 
2年前と大きく違うのが東京駅前に移転していたこと。
この最高のメリットを地方創生Loungeとして活用されてます。
 

a0002567_20275007.jpg
 

既に数自治体がここに拠点を設けて活動をしている。
県というよりも、市の方が活動しやすいでしょう。
東京から山口県への移住を促すのなら、県内のどこかの市がここに拠点を構えるといいだろうな。
ここに進出している他の自治体と連携する事ができるのも魅力となる。
単独の活動では、広報PRが弱くなるので他県とも連携して移住を促す。
ここでの共同活動も面白い。リアルな移住バトルをすれば、その地域も競争からもっと面白い移住策が生まれるでしょう。
 

 
a0002567_20274913.jpg
 

もし山口県内の自治体が関心を持たれたのなら、僕がコーディネートする事も可能です。
もちろん山口県の自治体でなくても対応できます。
 
次に案内してもらったのが、「大手町牧場」
牛や豚が飼育されています。東京駅、真ん前のビルの中で、、、、
 

a0002567_20274842.jpg
  

 
a0002567_20291126.jpg
  

a0002567_20242650.jpg
 

 
都会のど真ん中で、動物たちに癒されるとは思わなかった。
視察をしている人も多く、注目度が抜群です。
山口県で考えると、車で1時間ぐらい移動すれば、野外に自然とあるので利用すればいいだけだとは思います。
でも意外と行く切っ掛けもなくて、勿体ないようにも思います。
折角、地方に住んでいるのだから、そのメリットを活かさないともったいないですね、、、、
 
健康経営など、国が薦める事業も率先して実施している事例もありました。
こういう事例からいち早く学べたのが、訪問しての成果でした。 
 
a0002567_20242488.jpg
   

50代経営・ビジネス

 






[PR]
by shin19650430 | 2018-06-12 20:55 | オープンイノベーションを起こそう!!
レノファ山口 J2リーグ 暫定首位。
 
a0002567_13523516.png

応援している地元のチームが首位に立つのは最高に嬉しいです。
昨年、降格争いをしていたチームとは思えないぐらいの変わりように感動しています。
指揮者が変わり方向性、チーム力、コミュニケーション力などシステムが構築される中で素晴らしい変化を、この目で見ています。
 
a0002567_13484799.jpg
応援するサポーターも素晴らしくて、、、、、、
僕も1人のサポーターとして、楽しんでいます。

 昨日は、ファジアーノ岡山戦。
 1-0で勝利。見事、勝ち点3もゲットしました。
 
a0002567_13484658.jpg
 
50歳を過ぎると、ワクワクするもの、興奮するもの、家族で楽しめるものが少なくなってきますが、
レノファ山口FCの存在が大きいです。
 
JFLからJ2まで応援してきて、僕の仕事にも役立つことが多くて観戦とは言え、勉強にもなります。
 
来年に向けて、これからが重要。
引き続き応援していきます。

a0002567_13484748.jpg
50代経営・ビジネス



[PR]
by shin19650430 | 2018-06-10 14:12 | ライフシフトした働き方・生き方
ちょっと前にFacebookに投稿したところ、思いの外、反響があったのが、
この写真
a0002567_08525195.jpg

中国地方のAMラジオの「柏村武昭のサテライトNO.1」のラジオ公開番組の入場整理券
 
このチケットを持っていると言うことは、僕は行けなかった訳で残念な思いをしていました。
 
それにしても同世代の人から多くのコメントがありました。
皆、昔を想い出しての投稿は、共感することも多くて、より親近感も沸きます。
 
僕は中学1年生から大学時代までは「ながら族」 
勉強もラジオか音楽を聴きながら、家で何かをするときも同じ
自分の部屋にラジオが無い生活は考えられませんでした。
 
大学の頃にビデオ(僕はベータ派)を購入してからは映像の方にシフト
家ではラジオも聴かなくなって、もっぱらテレビに。
社会人になってラジオを聴くのは社用車での移動の時ぐらいになりました。
 
今の事業デザインの仕事をするようになりBGMを事務所に流すことも増えてきました。
そしてラジオも聴きたいと思っていましたが、オフィスビル内にあって、電波状況が悪い。
そんな中、スマートスピーカーの存在を知り導入してからは
FMラジオも聴くようになりました。
 
このスマートスピーカーは、ネットを通してどこでもラジオが聴けるということもあり
ラジオに親しみのある僕ら世代が使っていくことを期待しているんだろうと、思います。
 
a0002567_09415666.jpg
ハードは揃ってきました。
あとはソフト。
 
昔のような公開番組が心を掴むように思います。
 
50代経営・ビジネス

 


 



[PR]
by shin19650430 | 2018-06-10 10:10 | 昭和40年(1965年)世代