このブログを始めた2004年。当時は30代後半、14年経った2018年は53歳。アクティブ・バブル・シニアとなり、ライフシフトした生き方が、私の生き方、働き方にもなりました。これからどう生きていくのか?そして同世代の人達と何をしていくのか、次世代の担い手達に何を伝えていくのか、これが今の使命だと感じています。


by shin19650430
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2005年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

The child care moon  延長

妻の仕事も大方目途がつき、妻の残業休日出勤という日々の終止符が打たれるであろうと思われた矢先、一昨日、妻の身内が倒れ緊急入院した。
入院も長期になることが見込まれ、妻も今後身内のお世話をしなければいけない。

妻の負担が増える分、僕が協力をするのは当然であり、我が家にいるもう少しで2歳になる娘の世話は、僕が中心になって行う。
娘は、今日で3日間、妻に会っていない。3日間も妻に会ってないのは初めての事。
僕と僕の両親でフォローは行っているが、かなり不安になっている感じ。
見ていてかわいそう。
今日の夕方、妻のところへ行けるので娘も喜ぶだろう。

現在、僕も効率よく仕事をして、早く家に帰るようにしている。
そのため、メールやブログなども、仕事関連を優先して対応しているのでご了承ください。

今週は、ブログで書きたかったことが一杯あったのに残念です。
暇を見てアップしていこうとは、思っています。
[PR]
by shin19650430 | 2005-05-28 10:15 | shin-1の独り言

自転車で仕事

天気がよくて、事務所付近での仕事は、自転車を利用しはじめました。
ガソリン代は高くなるし、運動不足解消の意味もあります。

自転車で移動してみると色々な事に気付きます。
新しいお店ができていたり、逆にお店が閉店していたり、街並みも変わっています。
自動車で移動していると見落としがちですが、自転車だとよく観察できます。

また仕事柄、顔の広い僕は、移動中に色々な人から声をかけられ談笑しています。

今一番欲しいものは、自転車に乗るときのカッコいい帽子。
スーツを着て自転車に乗ることが多いので、スーツに合う帽子がほしいのです。
最近は、日差しも強くなってきました。
早く帽子を見つけないと・・・・・・・
[PR]
by shin19650430 | 2005-05-24 18:12 | shin-1の独り言

新しいプロジェクト

やまぐち総合研究所を開設してもうすぐ2ヶ月。

ついに新しいプロジェクトをスタートさせようと思っています。

名づけて「商標取得プロジェクト」

「商標取得プロジェクト」は連載ものにしようと思っていますので、ご期待ください。
[PR]
by shin19650430 | 2005-05-23 19:26 | 仕事のこと

「住」の予感 その2

保育園から中学校までいっしょだった友人に誘われ、NPO法人「山口まちづくりセンター」の懇親会に参加した。

山口まちづくりセンターの会員の大半は建築士であり、友人も行政の中で建築部門にいる。
参加してみると、知人が多くいたのでいろいろな話をした。

山口市産業コーディネーターの仕事をしている中で、町屋を借りて仕事場にしたいという相談を何回か受けた。今回、懇親会に参加したのもこの状況を知りたかったこともある。

今年度、若い家具職人が町屋を借りることができたそうだ。
ここでオリジナルの家具を展示販売するのだろう。

町屋を借りるプロセスは大変なようだ。
「山口まちづくりセンター」の方と良好な人間関係を作ることや、町屋のご近所さんともいいお付き合いが出来る人でなければ、借りることは難しそうである。
時間をかけ地道に努力をする必要はある。

若い家具職人の活躍を期待しています。
[PR]
by shin19650430 | 2005-05-21 23:54 | 仕事のこと

広島出張

昨日は、広島に出張でした。

行きは、バスを使って3時間かけて行きました。
色々と考えたい事があったので、この3時間を空想の時間に使いました。
アイデアが沸いてきて貴重な時間を過ごせました。

サラリーマン時代は、本社が広島にあり、ちょくちょく広島へ来てました。
私の仕事が、ガソリンスタンドのPOSシステム導入の営業だったので、石油元売会社の広島支店へも訪問していました。

10年振りに商店街を歩きましたが、コーヒーショップが多くできているのに驚かされました。
昼の食事に利用させていただきました。

仕事の関係で、広島に来ることが増えそうです。
出張の際には、広島の街を楽しみたいと思います。
[PR]
by shin19650430 | 2005-05-20 18:51 | 仕事のこと
DREAM GATE 中国 2005 KICKOFF に参加してきました。

起業の支援を行っている私には、国家プロジェクトであるDREAM GATEの情報は、必要不可欠なものです。

山口県からの参加者は私一人だったのが非常に残念でした。

会の冒頭、吉田チーフプロデューサーが話された起業文化推進に関する内容は、山口市産業コーディネーター事業コンペの際、私がプレゼンした内容と一致していた内容が多く、起業で考えた取組みプランに自信が持てました。

やまぐち総合研究所にて研究テーマにしている、インキュベーションのあり方についても、SOHO国泰寺倶楽部の方や広島SOHO’オフィスの方と知り合うことができたので今後情報交換を行っていけると思います。

また、昨年より研究しているLLP(有限責任事業組合)についても中国経済産業局の方とコネクションができ、情報をいただけるようになりました。

やまぐち総合研究所は、ドリームゲートとの連携も視野に入れて取組んで行きたいと思っています。

多くの熱い起業家や応援団にも出会えて、この広島出張は実りのあるものでした。
[PR]
by shin19650430 | 2005-05-19 21:20 | 仕事のこと
感性といっても、僕はデザイナーでもクリエイターでもないので作品にあらわれるわけではない。
耳にすること、目にすることを感覚で仕事をイメージする。

従業員を抱えていた経営者の時は、感性で仕事ができなかった。
収益をあげることを第1と考えるので感覚での仕事は排除した。

今、また感性で仕事ができるようになった。
今は、色々な人が事務所に来られる。
また、僕も外に出向く。
耳にすること、目にすることの量が、莫大に増えた。

コラボレーションが生まれ、
僕の回りでさまざまなプロジェクトが生まれつつある。

明日は、広島であるドリームゲートのイベントに参加する。
新しく何かが生まれそうな予感。
[PR]
by shin19650430 | 2005-05-18 15:39 | 仕事のこと

親から見た自分

20歳代でサラリーマンをしていたころ、親が僕に対して

「お前は、大げさだ」
「お前の言うことは、半分に聞いて丁度いい」
「お前は、大法螺吹きだ」

なんて言っていた。

30歳代になってから、聞かなくなったので
ある時聞いてみた。

「お前は、大法螺吹きと思っていたけれど、何か法螺が現実になっているからなぁ・・・・
と息子ながら感心する。」

というように評されるようになった。

今でも両親には心配のかけ通しだけれども、自分なりに確信を持って頑張ってきている。

両親に感謝するのは

8年間勤めていた会社を31歳を迎える前に辞めた。
そして1年間の人生における浪人生活を送った。
この1年間、親父は何も言わず見守ってくれた。(お袋は、言いたいことがあったようだけれども
親父に止められていたらしい)

今、仕事ができ、生活が出来ているのは、この1年間があったから。
この1年間を過ごせたことを両親に感謝している。
[PR]
by shin19650430 | 2005-05-17 23:37 | shin-1の独り言

住の予感

久々に仕事に関する投稿です。

産業コーディネーターとして新年度を迎え、1ヶ月半経ちました。(会社設立して1ヶ月半にもなりました。)
最近の動向として、相談者は、住に係わる業界の方が目立ちます。
新たな交流グループも誕生しますが、これも住に係わる方々です。
企業間橋渡しも行っていますが、これも住に関してです。

今まで住に関しては接点が無かったので、いい勉強をさせてもらってます。

様々なコラボレーション。日々楽しいですね。
[PR]
by shin19650430 | 2005-05-16 19:25 | 仕事のこと

The child care moon

共稼ぎをしている我が家で、印刷会社に勤務している妻が一年の中で一番忙しいのがこの5月。ゴールデンウィークの終了とともに、妻はハードな日々を5月末まで続ける。
平日で22:00まで残業し休日も無くなる。

この5月は、僕にとっては育児月間となります。
日頃は、時間制限無く働いている僕も、この5月は20:00には仕事を終え、子供を預かってもらっている両親の家に子供を迎えに行き、家に帰ってお風呂に入れて、一緒に遊んだ後、
寝かす。子供がようやく寝た頃、妻が帰宅するので、いっしょにご飯を作って食べる。
こんな日を20日位過ごします。

今日は、妻が休日出勤しているので1日中子供の世話をしなければいけない。
数日前より計画を練っていたが、昨日、母より母の姉夫婦一家が防府へ来るので母の実家に行こうということになり、両親と子供を連れて母の実家に行くことになった。子供と二人で過ごすことを不安に思っていたところへ、両親と親戚の家に行くことになったので少々ホッとした。

しかし、安心をしてはいけなかった。子供に一口で食べるアイスクリームを与えたところ、喉に詰まらせ、息ができなくなり、慌てて口の中から詰まっていたアイスクリームを取り出した。
子供の世話は大変です。

あと、15日育児月間は続きます。
[PR]
by shin19650430 | 2005-05-15 23:57 | shin-1の独り言