このブログを始めた2004年から「自分らしく生きるため」に、いろんな事にチャレンジしてきました。当時は30代後半、ブログの中断を挟み、14年経った2018年は53歳となり、ライフシフトした生き方が、私の生き方、働き方にもなりました。50代になった今、これからどう生きていくのか?そして同世代の人達と何をしていくのか、、、、次世代の担い手達に何を伝えていくのか、、、、これが今の使命だと感じています。


by shin19650430
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2004年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

皆さんは、会社に営業マンが来たとき、どんな対応をしますか?

すぐ断って、門前払い?
とりあえず、話を聞いてみる?

僕は、よほど時間がない場合を除いて、会社に来られた営業マンとの時間をつくる。
大きな理由は、
① どんな営業手法を使うのだろうかという興味
  勉強になることも多い。
② 営業マンは、様々な情報を持っているので、その情報に触れられるのが楽しい。
  商品を売りにくるわけだが、会話の中でいい情報を提示してくれる人がいる。
③ 将来の自分の人脈の一人となる可能性がある。

①、②の内容についてはかなり期待して対応している。

しかし、個人宅に来る営業マンの場合は、結構早く断っている。
別に意味は無いのだが、結構、忙しくしている時に来ることが多いからだ。

営業は、個人客の場合と会社相手では営業方法も異なる。
[PR]
by shin19650430 | 2004-07-16 04:01 | 仕事のこと

人脈を作る方法(1)

正攻法 仕事を通して人脈を拡げる

応用法 異業種交流を利用する

人脈作りができるイベントや団体に参加。
① 山口商工会議所の部会
  ・ 青年部
  ・ 工業部会
  ・ 婦人部会
② 山口青年会議所(JC)
③ 山口経済同友会
④ 起業化セミナー
⑤ 経営セミナー
⑥ 異業種交流
[PR]
by shin19650430 | 2004-07-15 10:21 | 仕事のこと
4月に入社した営業社員は、一通りの研修を受け6月頃から実践が始まる。
先日、初々しい社員が、僕の事務所に営業にやってきた。
この時、皆さんはどうしますか?

門前払いですか?話しを聞きますか?
僕は、話しを聞きます。

研修で身につけた営業トークが始まった。
まず、名刺を出すのと同時に、会社名と自分の名前を告げる。
そのあと、自分の会社のパンフレットを提示し、会社の説明が始まった。
次に、アンケートと称して、現在僕の会社で使っている機器の状況を尋ねてきた。
一通り、調査(笑う)が終わると、お礼を述べ事務所を去っていった。

おーい!! 何か忘れてないかい?
僕の会社が、何をやっている会社か聞いてくれたかい。
それでなくても、事務所を見ただけでは何をやっているのか分からない仕事をしているのに。次に訪問する際の材料がないだろうに。

全体的には、新入社員としては、まぁまぁなところでしょう。
僕が新入社員だった頃に習った手法は、まだ使われているようです。
営業の基礎マニュアル通りです。
彼には、営業を嫌いにならず、成長してもらいたいものです。
[PR]
by shin19650430 | 2004-07-14 19:23 | 仕事のこと
a0002567_192037.gif
今日、BizProのビデオ研修として、「仕事を通して人脈を拡げる」を開催した。
初対面の人が多い参加となったが、いわゆる人脈に繋がる出会いを演出できたと思う。

ビデオの内容を簡単に紹介すると、

・ ヒューマンネットを築くには、

  顧客に印象づける  →   名刺を工夫し、自分を覚えてもらう
                        ↓
                      DM作戦 自分を忘れないでもらう                   
・ 情報は外部より
  情報収集法    朝食会
              昼食会
              夜食会(飲み)

・ アフターファイブを活かす  スポーツジム
                    カルチャースクール

・ 情報ファイルの作成と活用  顧客管理をする

・ 仕事を通しての人脈による顧客作り
  直接(顧客から次の顧客を紹介してもらう)
  間接(仕事で知り合った人に、顧客を紹介してもらう)

さて、今から16年前の新入社員だったころ、顧客に自分を覚えてもらうために、名刺に自分の顔を印刷して配った。そのときのイラストをアップしてます。
間違い探しになりますが、本人と違う部分があります。(髪型ではありません)
[PR]
by shin19650430 | 2004-07-13 17:59 | 仕事のこと
平成16年7月10日(土)に開催された「家庭の資産形成に関するセミナー」
に参加した。講師は、さわかみ投信株式会社 代表取締役 澤上篤人氏であった。

参加した経緯は、懇意にしている山口大学の教授より応援依頼があって、参加者の募集に協力した。山口市産業コーディネーターとしての仕事の一環でもある。

セミナーの中での、今の経済の状態に関する話は、興味を持った。
バブルまでは、発展途上経済が急速に成長する流れであり、バブル以降は、経済が成熟をした状態での流れであるそうだ。
成熟した経済状態では、景気の波の幅が小さく、浮き沈み小刻みで、バブルまでのような経済の伸びは期待できない。

現在の失業率が特別なことではなく、金融関連の利息もバブル以前のような利率になる事を期待してはいけない。成熟経済では、成熟経済にあった資産形成や生活を行う必要があるそうだ。

今回、このセミナーに参加して得たことは、投資に関する知識ではなく、不安が多少解消できたことである。もう国に期待しても、組織に期待しても、決してバブル期のような状態はやってこないのだろう。将来に、バブル期以前のような状態になることを考えてはいけない。自分が地道に仕事をして生活していくことが重要なんだ。
[PR]
by shin19650430 | 2004-07-12 12:11 | 仕事のこと

満1歳

今日で娘が満1歳を迎えた。
最近の成長振りは、すごい。日々成長しているのがわかる。
お父さんとは大違いだ。
大きな病気もせず、大きな怪我もなくきたけれども、ただ僕といっしょで耳鼻関係は弱いようで小児科と耳鼻咽喉科には、ちょくちょくお世話になっている。

誕生日までに、歩くようになるかと思ったら、もう少し時間がかかりそうだけれでも、
それでも日々歩く準備をしているように見える。
最近は、食べ物が僕の好きなジャンルに進出してきた。このままでは、僕の好きな物を子供は勝手に食べてしまうに違いない。親子戦争勃発か?

来年には、どんな誕生日を迎えるだろうか?
これからもどんどん成長してね。
[PR]
by shin19650430 | 2004-07-10 08:31 | shin-1の独り言

マネ下電器産業?

山口商工会議所主催の営業力アップセミナーに参加した。
講師は山田清先生(山田経営研究所所長)
営業現場で活躍された方のようだ。
朝から夕方までびっしりのセミナーだったけれどもいい勉強になった。

セミナーの中で、いいものは「マネるべきだ」と主張された。
その事例として世界のマネ田自動車、世界のマネ下電器産業の話題が出た。
何を隠そう僕もマネ下電器産業グループに8年間在籍した過去を持つ。
勤務時代は、顧客より親愛を込めてマネ下電器の中村さんと呼ばれた事もあった。

当時のマネ下電器産業は、いい商品を他社が開発すると、同じような商品を作ってマネ下電器産業の圧倒的な販売網を使って販売を行い、あっと言う間にシェアを
確保した。山田先生曰く、マネ田自動車も同じであるそうだ。

営業手法にしてもWebでの販売方法にしても、成功している方法をまず真似てみるべきで、その中から自分のスタイルを考えていこうとご教示された。

営業手法を勉強していくと体系化されているのに気付く。この体系化された手法を取り入れることはマネになるのかもしれないが、どんどん実践していくべきだろう。

早速、このセミナーで体験したロールプレイング手法をマネして、僕の行ったセミナーで実践してみた。すごくいい反響があった。
マネるのもいいねぇ~。
[PR]
by shin19650430 | 2004-07-09 13:22 | 仕事のこと
なぜ、営業職が人気ないのか?

大きくは、二つ考えられる。
一つは、ノルマ(売上目標の達成)があること
二つは、交渉、折衝などの人間対応をしないといけないこと

ノルマに追われる姿が、かっこ悪く見えるのかもしれない。
また、営業職についたことがある人は、数字に追われるあの精神的な苦痛を二度と味わいたくないのかもしれない。

交渉、折衝についても、人間同士の探り合いや駆け引きがあるため、かなり精神的に疲れる。このようなやり取りをすることを嫌う人もたしかに増えてきている。
最近は交渉術や折衝方法も体系化されてきた。この種の本も多くあるし、セミナーもよく開催される。参加してみると営業に対する恐怖心がなくなるかもしれない。
[PR]
by shin19650430 | 2004-07-08 18:54 | 仕事のこと

同窓会ネタを2つ

先週、高校の同窓会の案内が来た。
そういえば、前回の同窓会で高校卒業20年目を記念して同窓会をする事が決まったんだった。前回は、新婚旅行の前日だったから最後までつき合えなかったけど、今回は最後まで頑張ろう!!酒が飲めない僕には少し辛い。

先月は、母校で講演をした。高校生に起業の体験談を話して欲しいとOBである僕に白羽の矢がささった訳で、こんな僕でもよかったらと引き受けた。
20年振りの高校は、建物自体はさほど変わってなかったが、実業高校である母校が
進学率の高い進学校になっていたのは驚いた。

1時間の授業も無事に終わり、生徒達をゆっくり見ることができた。もう我々の頃とは違っていた。我々の頃は、校則が厳しく髪の長さや靴の色までチェックされていたのに、今はそうでは無さそうだ。就職のウェートが高い学校ではなくなったからかもしれない。

今日、知合いの周南市の女性起業家より同窓会の案内があった。別に同じ高校でも大学でも無い。たまたま仕事で知り合った関係。どういった案内かというと、「昭和40年生まれの同窓会を開きます。出身校も関係なく同世代として盛り上がりましょう!!」という内容のものだ。即、参加しようと思った。来年で40歳を迎える我々は、社会的には影響力のあるポジションの年齢だ。この年齢の人脈は仕事上影響力が大きいと思う。楽しみだ。

そういえば、プロ野球界にも昭和40年会ってあったよね。ヤクルトの古田選手や池山選手、元巨人の水野投手などがメンバーだったかな。プロ野球の合併問題で、もめているけど、是非、古田選手には頑張ってもらってナベツネを隠居させてもらいたい。
(話題がそれてしまった。)
[PR]
by shin19650430 | 2004-07-08 00:09 | shin-1の独り言
皆さん、営業という仕事をどう思いますか?

人気が無いですね、営業って仕事。
講演や講師も僕の仕事の一つなわけで、大学や雇用機関の依頼で、キャリアについて講演してます。その際、かならず皆さんに「仕事として営業を希望する人がいますか?」って聞くのだけど、見事にゼロですね。

大学では、圧倒的に技術者や専門職につきたいと思っている学生が多いですね。
次に事務職。ただ、企画をする仕事やマーケティングをする仕事をしたいという人も
結構います。でも企画やマーケティングって営業よりの仕事なはず。

「営業」って仕事が具体的にどんな仕事なのか、わかってない人が多いようです。
「営業」って仕事をもう一度考えてみよう。
[PR]
by shin19650430 | 2004-07-06 20:33 | 仕事のこと