このブログを始めた2004年から「自分らしく生きるため」に、いろんな事にチャレンジしてきました。当時は30代後半、ブログの中断を挟み、14年経った2018年は53歳となり、ライフシフトした生き方が、私の生き方、働き方にもなりました。50代になった今、これからどう生きていくのか?そして同世代の人達と何をしていくのか、、、、次世代の担い手達に何を伝えていくのか、、、、これが今の使命だと感じています。


by shin19650430
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

自分を商品にする(就職活動している方へ)

学生は、今、就職戦線真っ只中。(社会人の方も、就職活動している方もいるでしょう)

僕は学生時代、就職活動って本気でやっていませんでした。

一番就職活動をしたのは、31歳の時でした。

8年間の会社勤めを辞めたのが30歳の時。
半年間、税理士を目指して勉強し、社会復帰を目指して就職活動を開始したのが31歳の時。

学生の頃は、就職活動をするのが嫌で嫌でしょうがなかったのですが、

この時の就職活動は楽しかったです。

何故か?

それは、就職活動をするにあたって、自分自身を2つに分けて考えるようにしたので、ワクワクしながら行動に移せたからです。

一つは、商品である自分
一つは、商品である自分を売るためにマネージメントする自分。

まず、商品として、どんな特性、どんなメリットをクライアント(就職先)に与えるのかを紙にまとめました。(僕自身の経験や、人脈、知識(資格や専門性)ですね)
これは、履歴書にもなりますが、市販の履歴書にプラスして、自分パンフを作りました

そして、マネージメントする自分が戦略、戦術を練ります。

客観的に商品である自分を見れるので、思わぬ発見があります。

就職活動というよりは、商品である自分を販売する営業活動になりますね。

税理士事務所を中心に、就職活動を行いました。
商品に対する課題も出てきますが、客観的な対応ができます。
そして、一番の財産は、就職活動をしたクライアントの情報を収集することができたことです。

ここの事務所は、職員の教育ができているとか、コンピュータに対する考え方が遅れているとか
いろいろなことが見えます。

就職活動では、税理士事務所に就職するという成果は達成できませんでしたが、
その後、市内でビジネスを立ち上げた僕にとっては、とてもいいリサーチができました。

就職活動で重要なのは、将来の自分を描きながら仕事を考えることです。

就職活動で悩みがある方は、僕にアドバイスを求められてもいいですよ。
[PR]
by shin19650430 | 2006-07-03 11:44 | 仕事のこと